愛知県

ボン・ヴォヤージュ! ―鉄・布・ダンボール アートの森へ旅にでよう―

異なる素材で作品制作を行う3名の作家、藤沢レオ、森迫暁夫、吉田傑の企画展。森をイメージした会場では、実物大の生きものからそれらを取り巻く自然・空間をモチーフにした作品を紹介する。
ボン・ヴォヤージュとは、フランス語の挨拶。「bon=良い」、「voyage=旅」を意味し、快適な旅路や新しい出会いを願い旅人に呼びかけられる言葉。本展は、鑑賞者を旅人、会場を森に見立て、アートの森を旅することで観る・触れる・感じる喜びを親子で楽しむ夏休みの展覧会。
生死を題材に鉄や水糸を用い、場の存在を表現する藤沢レオ。動植物を題材に、シルクスクリーンによる版画技法を活かして、生生流転を表現する森迫暁夫。ダンボールを駆使して、実物大の動物を作り、動物の皮膚や毛の質感までも表現する吉田傑。生きものたちや自然の描写が、素材によって多彩な表情を見せ、旅する私たちを魅了することだろう。一つひとつの作品を鑑賞した時と会場全体から鑑賞した時、木が集まり、大きな森になるように、個性的な作品が集結することで、さらに大きな景色を見せてくれる。会場に足を運ばれた方々にとって、本展が良い旅路であるように。

開催概要

直前の記事

【開館55周年記念特別展】 山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選 ―写楽・北斎から琳派まで―

山種美術館の浮世絵コレクションには、鈴木春信から鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重まで、六大絵師の名品が多数含まれており、保存状態も良いことから、専門家の間で高く評価されている。本展では、写楽の個性的な

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る