香川県

猪熊弦一郎展 いのくまさんとニューヨーク散歩

猪熊弦一郎(1902~1993)は、1950年代半ばから約20年間ニューヨークで活動した。
第二次世界大戦後のニューヨークは活気にあふれ、世界中から多様なアーティストが集まって、パリに代わる芸術の拠点となっていた。1955年、猪熊は戦前に暮らしたパリへ向かう予定で日本を発つが、途中立ち寄ったニューヨークにすっかり魅了される。結局パリ行きをとりやめ、この街に居を構えた。
自宅から歩いて行ける距離に立ち並ぶ世界有数の美術館やギャラリーで、名画や最先端の美術を思う存分鑑賞し、高層ビルや斬新な建築物を眺め、パレードや路上ライブを楽しみ、路地裏の落書きを夢中で撮影するなど、猪熊はニューヨーク暮らしを堪能する。
環境の変化は作画にも大きな影響を与え、渡米後、猪熊の表現は具象から抽象へと様変わりした。そして、ウィラードギャラリーの所属作家として個展を10回開催するなど精力的に新作を発表し続けた。
本展では、「編集長」として編集者の岡本仁氏を、「副編集長」として元ニューヨーカーの河内タカ氏を迎え、猪熊のニューヨーク時代の作品と、猪熊が撮った映像や写真、大量にストックしていたギャラリーの展覧会案内などの資料を展示、彼の画業をその時代背景を含めて紹介する。猪熊弦一郎が見ていたニューヨークの街を散歩するように展覧会を楽しんでもらえるだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る