東京都

日本民藝館改修記念 名品展II —近代工芸の巨匠たち

近代工芸の巨匠、バーナード・リーチ、河井寬次郎、濱田庄司、芹沢銈介、棟方志功。同館創設者の柳宗悦と親しく交流した彼らは、生活に役立つ実用工芸を中心に、近代を代表する優れた作品群を生み出した。2回目の改修記念名品展では、柳の思想に共鳴し、制作活動に生かした工芸作家の代表作を中心に展示する。

開催概要

直前の記事

大正ロマン・昭和モダンのイラストレーター 高畠華宵展 ―ジェンダーレスな まなざし―

「少年の中には少女が、少女の中には少年がいる」とも評された両性具有的な人物画を描き、少年からも、少女からも、紳士淑女からも、熱烈な支持を得た高畠華宵(1888~1966)。 大正・昭和初期の出版美術界で、華宵が唯一無二の

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る