東京都

夢二×文学 「絵で詩をかいてみた」 ― 竹久夢二の抒情画・著作・装幀―

大正ロマンの画家として知られる竹久夢二(1884~1934)。実は詩人や文筆家としての顔も持ち、300冊以上の本の装幀も手掛けたデザイナーでもあったことはご存じだろうか。夢二ははじめ詩人になりたいと思い、「繪(え)の形式で詩を畫(か)いてみた」ことから画家として歩みはじめる。夢二の絵に漂う詩情は、彼の作品の大きな魅力の一つである。また、「宵待草」に代表される詩や物語も創作し、57冊の著作本も刊行していた。さらに、他の作家の著作のブックデザインも数多く手掛けた。
本展では、抒情溢れる夢二の絵や、詩や文章、装幀本などを展示し、夢二作品の文学性や、文学との関わりを紹介する。

開催概要

直前の記事

ルール?展

私たちは、日常のなかでさまざまなルールに囲まれながら暮らしている。それらのルールは今、産業や社会構造の変化などに伴い、大きな転換を迫られている。本展は、私たちがこれからの社会でともに生きていくためのルールを、デザインによ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る