島根県

杉浦非水 時代をひらくデザイン(島根展)

杉浦非水(1876~1965)は日本の商業デザインの近代化に大きく貢献した人物。1908(明治41)年に三越呉服店(のち三越百貨店)の図案部主任となった非水は、1934(昭和9)年まで同店のポスターやPR 誌のデザインを数多く手がけた。一方、三越以外の様々なポスターや雑誌の表紙、本の装丁も手がけ、明治時代末期から昭和時代中期の日本のデザインをリードした。華やかでモダンな非水のデザインは、現在も私たちを魅了し続けている。
本展では初期から晩年に至る図案の仕事とあわせ、交友の画家の作品や、若き日に島根県で教員として過ごした時期の作品なども展示し、杉浦非水の全貌を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る