静岡県

久野和洋の世界展

公式サイト

久野和洋は(1938~)は、武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)卒業後、国立パリ高等美術学校招待研究生として留学した。多くの歴史的名画と出会った渡欧経験は、その後の画業に大きな影響を与えている。なかでも、ルーヴル美術館でジオットの作品と運命的な出会があり、テンペラ技法による模写に没頭、研鑽の時を過ごした。帰国後は多数の個展や「立軌展」「安井賞展」「日本秀作美術展」など多くの展覧会に出品し、1999年の「両洋の眼展」では河北倫明賞を受賞するなど、現代洋画界の第一線で活躍している。
本展では、人物、静物、風景などを対象とした油彩、デッサン、塑像など50余点を一堂に展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る