茨城県

筑波大学 日本画40年の軌跡

昭和48年(1973)茨城県新治郡桜村(現つくば市)に開学した筑波大学に、芸術専門学群が設置されたのは、2年後の昭和50年のことであった。この開設から程なくして日本画に関するカリキュラム導入が検討され、創画会で活躍していた西村昭二郎(1927~99)が教授として招かれる。そして昭和62年、同学群絵画コースから日本画コースが独立し、以来、国立の総合大学では唯一の、また茨城県内で唯一の日本画の専門教育機関として、多数の画家や美術教師などを輩出してきた。
本展では日本画コースの歴代教員8名による作品を展示し、同大学の日本画教育の歩みを紹介。8人の日本画家は教鞭を執りながら、それぞれ個性豊かな作品の創造者として活躍してきた。その作品はまた、昭和50年代より最先端の研究者が集う筑波研究学園都市の、地域性や時代の空気をも映しているかもしれない。急速に変化を遂げる筑波の地で育まれてきた、瑞々しい日本画表現が楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る