京都府

『朝鮮の仏さま』展

高麗美術館は朝鮮半島の仏教美術品を多数所蔵している。朝鮮半島の仏さまのお顔立ちは、時代によって変化するが、どこかほほえみを誘うようなお姿には心癒されるものがある。儒教が国教であった朝鮮時代でもその微笑みが絶えることはなかった。
本展では、各時代の仏像を中心に、仏画や仏教道具など朝鮮半島の仏教美術を展示。時代を超えて脈々と続く朝鮮の人々の祈りの世界を展覧する。

開催概要

直前の記事

スポーツ展 ~芦屋・阪神間のスポーツの歴史と未来~

戦後まもない1948年、猿丸吉左衛門(吉雄)が、芦屋市長に就任。学生横綱、投擲選手であったことから「スポーツマン市長」として知られ、現在における芦屋市の基礎を築いた実績もさることながら「みんなの健康づくり」に注力し、現代

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る