福井県

描かれた女たち 女性像にみるフォルム/現実/夢 展(福井展)

日本の絵画にあらわれる人体像は明治以降、大きく変わった。西洋美術と出会い、科学的に対象をとらえる見方と、陰影法など立体感を表す描法を学んだこと、また、理想的な身体像であるヌードを知り、目の前のモデルをどのように表現するかという技法上の問題や、どんな思いを託すかという思想的なテーマにも関心が向けられるようになる。そうした人体像の変化が如実にあらわれたのは女性を描いた絵画であった。西洋近代絵画の風潮を反映して、日本でも明治以降、女性をモティーフとする作品が多く描かれるようになった。
本展では、女性の身体美に注目した「フォルム」、画家とモデルの関係や、時代的・社会的背景がうかがえる「現実」、画家の理想を描いた「夢」の3つのテーマに沿って、明治から現代までの女性を描いた絵画を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る