東京都

企画展 茶入と茶碗 『大正名器鑑』の世界

古くから茶の愛好者に大切に扱われてきた茶入。手に取ることで、一層愛着が増す茶碗。茶入と茶碗は、今日の茶の湯で最も人気の高い道具と言えるだろう。
この二つの道具が重視されている理由のひとつに、大正10年(1921)より刊行が始まった『大正名器鑑』(全9編11冊)の存在がある。全9編11冊にも及ぶこの本では、875点もの茶入と茶碗(天目を含む)の名品が取り上げられ、それらの観賞の指針が明確に示された。
刊行百年を記念した本展は、第一章で館蔵の茶入と茶碗を中心に『大正名器鑑』の成立過程を概観し、第二章ではその刊行関連行事で用いられた作品を通して、編者の高橋義雄(1861~1937、号箒庵[そうあん])と同館コレクションの礎を築いた初代 根津嘉一郎(1860~1940、号青山[せいざん])の友情の証を展覧する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る