山形県

今森光彦「自然と暮らす写真のまなざし」

今森光彦さんは自然写真家として活躍する一方、生き物の魅力を表現する切り紙作家としても数多くの作品を発表されている。2009年には「昆虫4憶年の旅」で第28回土門拳賞を受賞するなど、酒田市と土門拳記念館にゆかりのある写真家である。本展は、酒田市美術館との共同企画。
土門拳記念館では、今森さんが長い時間をかけてアトリエの敷地に作り上げた「オーレリアンの庭」の四季折々の写真を中心に、今森さんの里山での暮らしの様子を紹介。また、土門拳賞作品のなかから、昆虫写真と立体切り紙作品を同時展示する。昆虫の細部を緻密にとらえた写真作品と、彼らの特徴をユーモラスに表現した立体作品をあわせて楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る