大阪府

鷹野隆大 毎日写真1999-2021

女か男か、ホモセクシャルかヘテロセクシャルか、といった人間の性にまつわる二項対立のはざまにある、曖昧なものの可視化を試みた写真集『IN MY ROOM』(2005年刊行)によって木村伊兵衛写真賞を受賞した鷹野隆大(1963~)は、ジェンダーやセクシャリティをテーマとする写真家として、一般に認知されている。他方、1998年から毎日欠かさず写真を撮ることを自分に課して、様々な実験的撮影を試み、制度化された眼差しや、写真という媒体の特性とその限界について、考察を重ねてきた。鷹野はそのプロジェクトを「毎日写真」と名付けて、実践し続けている。美術館における初の大規模な個展となる本展は、鷹野の芸術活動の根幹を成すその「毎日写真」を主軸としながら、ジェンダー・セクシャリティ系の出世作や、日本特有の無秩序な街並みの写真「カスババ」、定点観測的な「東京タワー」、東日本大震災が契機となり近年注力する影の作品など、約130点を時系列に展示。世代屈指の写真家・鷹野隆大の思索の変遷を顧みて、その実像に迫る。

開催概要

直前の記事

スポーツ展 ~芦屋・阪神間のスポーツの歴史と未来~

戦後まもない1948年、猿丸吉左衛門(吉雄)が、芦屋市長に就任。学生横綱、投擲選手であったことから「スポーツマン市長」として知られ、現在における芦屋市の基礎を築いた実績もさることながら「みんなの健康づくり」に注力し、現代

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る