東京都

サイトウノリコ個展「青い風とペンペン草の空がいっぱい」

アーティスト × デザイナー × ギャラリーが本気で楽しみながら作る、アーティストの絵本プロジェクトの第1弾として、サイトウノリコ個展「青い風とペンペン草の空がいっぱい」を開催する。

サイトウノリコは、世界的にも数少ない銅版画の技法である、ドライポイントをメインに制作する作家である。
1973年 横須賀出身・在住。多摩美術大学院修了、多くの国際版画展で受賞・活躍、LAカウンティ美術館、ハーバード大学美術館等に収蔵)

新たにドライポイントで制作された絵本原画を中心に、ペインティング大作や立体など35点ほどが披露される。

開催概要

直前の記事

特別展「国宝 聖林寺十一面観音 ― 三輪山信仰のみほとけ」(東京展)

仏教伝来以前の日本では、神は山、滝、岩や樹木等に宿ると信じられ、本殿などの建築や、神の像はつくらず、自然のままの依より代しろを拝んでいた。その形が現在まで続いているのが三輪山を御神体とする大神神社です。その後、国家的に仏

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る