東京都

絵を纏う ―若槻せつ子「打掛」コレクションー

ファッションディレクター・若槻せつ子は文化服装学院を卒業後、株式会社ジュンJ&Rや株式会社高島屋などのデザイナーを経て、1984年に「オフィスワカツキ」を設立。KIMONOドレスブランド「ローブ・ド・キモノ」を発表し、以来、多数の著名人の衣装提供を行っている。また、アパレル業界やブライダル業界などのファッション顧問としても活躍。
本展では、若槻氏が長い年月をかけて収集された貴重な打掛コレクションの中から1980年代後半から1990年代はじめに制作された13点を展示。この時期は丁度、昭和バブルの時期にあたり、制作された打掛は、贅沢な素材や職人の技術が惜しみなく使われた、まさに豪華絢爛な作品ばかりだった。そして、その艶やかな打掛に表現された文様にはそれぞれの意味を持ち、花嫁の幸せを願う気持ちや感謝の想いが込められている。
普段、余り触れる機会がない打掛だが、その美しさは勿論、文様の意味や素晴らしい技術など、1枚の絵画として読み解きながら楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

ゲーセンミュージアム〜この夏、博物館はゲームセンターになります。〜

みなさんはアーケードゲームで遊んだことがありますか?喫茶店でスペースインベーダー、ボウリング場でピンボール、デパートの屋上で新幹線の乗り物、ショッピングセンターの大型ゲームセンターで音楽ゲームなど、みんなゲームにまつわる

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る