東京都

館蔵品展 はじめまして、かけじくです

掛軸とは、書や画を壁や床の間に飾って鑑賞できるように仕立てたものである。日本には仏教の伝来と同じ頃に伝わったようで、主に礼拝や儀礼に用いられた。鎌倉時代末頃には山水や人物、花鳥画など鑑賞を目的とした作品が定着していく。江戸時代になると町人など幅広い階層の人々が掛軸を楽しむようになり、多くの作品が制作された。
本展では江戸時代の作品を中心に、縦長・横長といった画面の形による表現の違いや、対(セット)で鑑賞する面白さ、作品とともに現代まで伝わる箱や文書など、さまざまな角度から「掛軸」を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る