東京都

特別展「国宝 聖林寺十一面観音 ― 三輪山信仰のみほとけ」(東京展)

仏教伝来以前の日本では、神は山、滝、岩や樹木等に宿ると信じられ、本殿などの建築や、神の像はつくらず、自然のままの依り代を拝んでいた。その形が現在まで続いているのが三輪山を御神体とする大神神社です。その後、国家的に仏教を興隆した奈良時代には神と仏の接近が見られ、神社に付属する寺がつくられた。大神神社にも大神寺(鎌倉時代以降は大御輪寺)が建てられ、仏像が安置された。
明治元年、新政府により神仏分離令が発せられると、寺や仏像は苦難にさらされたが、大御輪寺の仏像は、同寺の住職や周辺の人々の手によって、近傍の寺院に移され、今日に至る。
本展では、かつて大神寺にあった国宝 十一面観音菩薩立像(聖林寺蔵)、国宝 地蔵菩薩立像(法隆寺蔵)などの仏像と、仏教伝来以前の日本の自然信仰を示す三輪山禁足地の出土品などを展示。国宝 十一面観音菩薩立像が奈良県から出るのは初めてのこととなる。その比類ない美しさをこの機会に堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る