栃木県

企画展 明治を生きた浮世絵師―小林清親と井上安治―

光と影を巧みに表現した浮世絵「光線画」を発表し、明治期に活躍した浮世絵師・小林清親。その画風を受け継いだ弟子・井上安治。幕末・維新期の激動を経て、浮世絵はどのような変化を遂げたのか。本展では、明治を生きた二人の浮世絵師の画業を、時代の面影とともに紹介する。

開催概要

直前の記事

沖縄の船 サバニ ―過去・現在・未来―

丸木舟から帆掛のサバニまで、サバニの歴史を物語る沖縄県内各地のサバニが大集合。大切に受け継がれたサバニづくりのワザが沖縄各地にある。本展では、奥武島の祖父と孫によるサバニづくりに密着したドキュメンタリー映像の上映を予定。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る