兵庫県

コレクション企画展示「光あるところに」

洋画家・小磯良平(1903~1988)は、絵の中に空間を作り上げることを意識し、特に光源―どこから光が来て、どのように照らすのか―を重視して制作していた。小磯作品は、柔らかい光に照らされた女性像や、光の反射で輝くモチーフによって魅力を放っていると言えるが、一方で、光あるところには必ず「かげ」が在る。光があたることによって生じるその陰影こそ、作品の奥行や人物像の存在感を与えているのだ。
本展では、小磯が描いた油彩や素描から、光の効果をテーマに作品を選び、描かれた光によって生まれる“裏側”の魅力に迫る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る