愛知県

トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション

横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館という、国内の各地域を代表する3つの公立美術館は、開館から30~40年の活動を通じて、それぞれ充実したコレクションを築いてきた。3館に共通するのは、20世紀の西洋美術を収集の柱のひとつとしていることである。トライアローグ(鼎談・三者会談の意)という展覧会名を掲げた本展は、この3館から粒ぞろいの作品を結集させることで、20世紀の西洋美術の流れを俯瞰。ピカソ、ミロ、クレー、エルンスト、ダリ、マグリット、ポロック、ベーコン、ウォーホル、リヒターなど、美術の概念を刷新しながら多様な表現を生んだ巨匠たちの、選りすぐりの作品約120点が一堂に会する。
20世紀の西洋美術のストーリーをそれぞれに紡いできた3つの公立美術館のコレクションの共演によって、作品がまるで互いに会話をするかのように響き合い、補い合いながら、新しいストーリーを織り成していく充実の展示が楽しめる。

開催概要

直前の記事

特別展 日常のあわい

2020 年初頭から始まった新型コロナウイルス感染症の流行は、発生から1年以上がたった現在も収束の兆しが見えないままである。世界中で人々の日常はすっかりその姿を変えてしまったが、日本はもとより地震や台風などの自然災害が多

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る