長野県

花田和治の世界「自然と対話する」

北海道を拠点に独自の抽象表現を確立した作家・花田和治(1946~2017)は、65年に東京藝術大学に入学し小磯良平に師事、油彩画を学ぶ。71年に同大学大学院を修了した後74年に札幌に戻り、その後2017年に没するまで北海道で制作を続けた。在学中から図形的な絵画を試みていた花田は帰郷後、明るい色面を方形で構成する絵画を手掛け、やがて北海道の自然や自身の日常をテーマにその本質をシンプルな形態に抽象化する表現を生み出した。晩年には物語を連想させるような描写へと変化し、ユーモラスで叙情豊かな作品を残した。
本展は、「花田和治の世界」展(2020年11月14日~2021年3月28日開催)の続編として、前回紹介しきれなかった未公開作品を加え、花田作品の創造性をより深く掘り下げて展示。作家が実際の風景を見てどのように作品を制作していったのか、制作にかける思いや考え方、過程、興味をもった様々なモチーフ……今回の展示ではそれらをデッサンや写真などと併せて展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る