神奈川県

コレクション展「若林奮 新収蔵作品」

神奈川県立近代美術館では戦後を代表する彫刻家、若林奮(1936~2003)の展覧会を、1973年に公立美術館として最初に開催して以来、1997年、2015年の3回にわたり行ってきた。
本展では、2020年度に、個人収集家の河合孝典氏より寄贈いただいた若林奮の作品を紹介。河合氏が20年をかけて収集した若林作品は、彫刻をはじめ素描、版画、オブジェに加え、貴重な手製年賀状なども含めると総数100点余におよぶ。これらは1960年代、鉄の彫刻家として注目された若林が、晩年に至るまでに銅や鉛、木、硫黄といったさまざまな素材と向き合いながら思索を深め、大気や水、光をも彫刻に取り込んでいった創作の展開を映し出している。
ひとりの収集家が作品と出会い、若林のこの言葉に寄り添いながら作品と交わした静かな対話は、本展を通して新たに広く語り継がれてゆくことだろう。

開催概要

直前の記事

箱根ガラスの森美術館 開館25周年特別企画 「─炎と技の芸術─ ヴェネチアン・グラス至宝展」

ルネサンス期にヨーロッパのガラスを席巻した繊細優美なヴェネチアン・グラス。多様な様式と技法を生み出し、現代のガラス界にも多大な影響を及ぼし続けている。 これまで箱根ガラスの森美術館では、様々な切り口からヴェネチアン・グラ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る