茨城県

夢二×ローランサン 乙女の夢はアヴァンギャルド

大正時代、夢見がちな瞳の女性を描き一世を風靡した竹久夢二。パステルカラーの優美な女性像で知られるマリー・ローランサン。二人の作品は華やかで可憐に見えるが、当時としては前衛的(アヴァンギャルド)な芸術であった。大正期の日本では、ローランサンはフォーヴィスム(野獣派)やドイツ表現主義に属する作家たちと共に前衛芸術家として紹介されている。また、夢二は雑誌や画集などから同時代の西洋美術について研究しており、ドイツ表現主義をはじめとする前衛芸術から影響を受けたとされる作品が残っている。
本展では、夢二とローランサンの作品と当時のフォーヴィスムや表現主義による作品をあわせて展示することで、竹久夢二やマリー・ローランサンと20世紀紀初頭の芸術との関係に迫る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る