NEW 岩手県

つながる ひろがる 萬鉄五郎展

明治末から大正期をとおして、新たな時代を切り開いた画家・萬鉄五郎。後期印象派からフォーヴィズム、抽象表現やキュビスムと西洋の新思潮を受けて、個性的な独自表現を展開した。そこには師の教えや画家仲間との交流など多くの出会いがあり、その一つひとつが彼の歩みを支えていったといえる。
小学校で同級だった歌人の小田島孤舟は、〈われ終に萬鉄五郎におよばぬをしりて絵かきを思ひとまりき〉と詠い、一方、西洋絵画との邂逅となった『水彩画之栞』の著者で水彩画家の大下藤次郎からは、色彩の見方を学び、画家として生きる覚悟を諭される。1912(大正元)年、日本における後期印象派やフォーヴィスムの最初の集団となった「フュウザン会」に共に参加した木村荘八は、萬の画室の印象を伝えている。片や川上涼花は、萬と同様に東洋回帰へ向かい日本画と洋画を融合させた表現に至る。さらに小林徳三郎とは、1923(大正12)年に美術団体「円鳥会」を興すことになる。白馬会菊坂研究所から東京美術学校へと共に学んだ金澤重治とは後々まで交流が続き、ついには萬のデスマスクを描くことになる。
萬を慕う画学生たちとの交流も次世代の表現者を育み、なかでも同郷の画学生だった橋本八百二の心酔ぶりは作品を観れば明らかだ。さらに、間接的ではあっても棟方志功のように、〈わたくしは「萬鐵に首ったけ惚れて」いるのだ。仕方がないほど、参っているのだ。〉と、その心酔ぶりは他に類を見ないほどである。
本展では、萬鉄五郎と直接、間接に交流のあった人々とのつながりと広がりを、作品や資料、回想文などで辿りながらその一端を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る