福井県

永遠のアイドル・麗子にあいたい! 教科書で見る巨匠たち ウッドワン美術館名品展

上村松園、横山大観、黒田清輝、岸田劉生、横山大観、上村松園、いずれも美術の教科書でおなじみの作家たち。本展では、ウッドワン美術館の所蔵する明治から現代までの選りすぐりの日本近現代絵画の巨匠たちの名品67点から、福井県立美術館版『美術の教科書』を作るような展示を展開。
岸田劉生の「麗子像」の傑作「毛糸肩掛せる麗子肖像」を筆頭に、藤田嗣治の巨大壁画「大地」のほか、フィンセント・ファン・ゴッホの「農婦」も特別出品。作家の多様な表現、絵によせた想い、そして美術の豊かさを知ることができる展覧会。

開催概要

直前の記事

挑む 岡本太郎

戦後、旧態依然とした日本の画壇や社会に対峙し、自らの力で新しい芸術の創造に挑んだ岡本太郎。画家として出発した岡本は、絵画という狭い枠組みを超えて壁画や彫刻、家具や日用品に至るまでさまざまなジャンルに挑戦し、数多くの作品を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る