富山県

小村雪岱スタイル―江戸の粋から東京モダンへ(富山展)

大正から昭和初期にかけて、装幀、挿絵、舞台美術などで活躍した小村雪岱(こむらせったい、1887~1940年)は、泉鏡花著『日本橋』の装幀を手掛け、人気装幀家となった。
本展では、江戸の粋を受け止め、東京のモダンを体現した「意匠の天才」雪岱の肉筆画、版画、装幀を中心に、その源流である鈴木春信から「東京モダン」への系譜を紹介する。また、柴田是真の漆芸や並河靖之の七宝などの近代工芸の数々、さらには彼らの遺伝子を受け継ぐ現代作家の作品も併せて展示する。

開催概要

直前の記事

鈴木理策

田辺市立美術館のコレクションを主に、現代を代表する写真家の1人、鈴木理策(1963年和歌山県新宮市生まれ)の近年の作品を紹介する展覧会を開催する。 鈴木は1980年代半ばから写真を媒体に創作活動をはじめ、1998年に故郷

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る