佐賀県

テーマ展 悠久の佐賀刀剣史

近年、人気を博している日本刀。佐賀の刀といえば、江戸時代に製作された肥前刀が有名である。鍋島家お抱えの名工・忠吉(ただよし)らの作刀は、堅実な造りで当時から高く評価されていた。
佐賀県における刀剣史の見どころは、江戸時代の肥前刀だけにとどまらない。弥生時代や古墳時代に目を向ければ、青銅製、鉄製の刀剣が多数発掘されている。また、佐賀県下には忠吉の他にも多くの刀工がいたことや、現在も刀工が作刀活動をしていることは、あまり知られていない。
本展は、弥生時代から現代まで2000年以上に及ぶ佐賀県の刀剣史を、県内の名品、館蔵の優品とともに一望するもの。これまで、ほとんど展示されることのなかった奉納刀剣類や現代刀など、多種多様な佐賀県ゆかりの刀剣が時代を超えて集結する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る