東京都

東京ミッドタウン・デザインハブ第91回企画展 「東日本大震災とグッドデザイン賞 復興と新しい生活のためのデザイン」

東京ミッドタウン・デザインハブでは、東京ミッドタウン・デザインハブ第91回企画展「東日本大震災とグッドデザイン賞 復興と新しい生活のためのデザイン」を2021年5月18日 (火) から7月5日 (月) まで開催する。

2011年の東日本大震災の発災以降、日本デザイン振興会ではグッドデザイン賞等を通して、様々なかたちで展開されてきた復興のためのデザインへの支援を行ってきた。

本展では、2011年度から2020年度の10年にわたり、東北6県および茨城県からグッドデザイン賞を受賞した522件のデザインをグラフィックで紹介するとともに、そのうちグッドデザイン・ベスト100以上を受賞したデザイン(および関連するデザイン)を前期・後期に分けて詳しく紹介する。
また、この間に受賞した、防災や復興を支える重要なデザインもピックアップし、2011年以降、災害という課題にデザインがどう応えようとしてきたかということの一端をグッドデザイン賞を通して展示する。

開催概要

直前の記事

特別展「日本浮世絵博物館秘蔵 国貞 広重 国芳 コレクション 絵師たちが見た江戸の楽しみ」

江戸時代、当世すなわち浮世の姿を描き出した浮世絵は、今も昔も多くの人に愛好されている。浮世絵には、江戸の庶民の生活や娯楽のありよう、また彼らの愛した四季の風物や風景、親しんだ物語の世界が存分に表現されている。 日本浮世絵

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る