和歌山県

開館25周年記念コレクション展 1洋画の表現 2織の造形

今年、田辺市立美術館は1996(平成8)年11月の開館から25周年を迎える。これを記念して、近代美術を主に同館の収蔵品の特徴的な4つの分野を紹介するコレクション展を開催する。第1部と第2部を今年4月から6月にかけて、第3部と第4部は来年2月から3月にかけて行う。
第1部では、明治期以降に本格的に流入してきた西洋の絵画手法を、日本人画家が受容して自らの表現として描いた「洋画」について、同館のコレクションを通して紹介。新たな日本の絵画の領域を開拓しながら自己の芸術を確立し、近代美術の主潮を形成した洋画家たちの優れた作品の数々を同館は収蔵してきた。
第2部では、近年のコレクションの特色の一つとなっている、現代の織作家たちの作品を特集。同館は2017(平成29)年から、高度な織の技術を用いた独創的な作品によって、現代の表現を切り開いている作家を紹介する展覧会シリーズ、「現代の織」を開催している。これまでにこの「現代の織」で取り上げ、作品を収蔵してきた4人の作家の制作を一堂に展観して、織による造形の魅力を伝える。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る