NEW 和歌山県

鈴木理策

田辺市立美術館のコレクションを主に、現代を代表する写真家の1人、鈴木理策(1963年和歌山県新宮市生まれ)の近年の作品を紹介する展覧会を開催する。
鈴木は1980年代半ばから写真を媒体に創作活動をはじめ、1998年に故郷、熊野に至る道のりをテーマにした初の写真集『KUMANO』を上梓。以後に展開されたロードムービーのような物語性を持った鈴木の表現は高く評価され、2000年には第25回木村伊兵衛写真賞を受賞している。その後も、雪や桜、熊野の海や山などをモチーフに、一貫して写真というメディアについての深い考察と「見ること」への問いを続けている。
本展では、熊野に取材した「海と山のあいだ」、現実の世界と水面にうつる世界とが溶け合う「水鏡」、軽やかに花を捉える「Étude」の3つのシリーズを展観する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る