山口県

ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムから アール・ヌーヴォーへ ―日本を夢見た ヨーロッパ工芸(山口展)

19世紀後半、日本の文物がヨーロッパに流入したことで熱狂を巻き起こした「ジャポニスム」は西洋の工芸品やデザインに影響を与えた。その影響は当時の西洋諸国を席巻していたアール・ヌ-ヴォー様式にも大いに見られる。ジャポニスムが流行のスタイルとなった一方、ヨーロッパ諸国の工芸美術館は日本の漆工芸や陶磁器を収集した。ブダペスト国立工芸美術館も1872年の開館当初から日本の美術品を積極的に収集してきたのだ。
本展は、日本の美術がどのようにして西洋に影響を与えたか、そして日本美術を西洋がどのように解釈したか、その歴史を辿るものである。ジャポニスムとアール・ヌーヴォーをテーマに、ブダペスト国立工芸美術館の所蔵品から、ティファニー、ガレ、ドーム兄弟などの名品とともに、ジョルナイ陶磁器製造所などハンガリーを代表する作品群を含めて約170点を紹介する。

開催概要

直前の記事

新・晴れた日 篠山紀信

時代の熱量をとらえた写真によって、1960年代から活躍を続ける篠山紀信。数多くの雑誌の表紙やグラビアを手がけ、写真家として時代をつくり出してきた。1974年に『アサヒグラフ』誌で連載され、後に写真集にまとめられた『晴れた

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る