福島県

挑む浮世絵 国芳から芳年へ(福島展)

歌川国芳(1797~1861)は、ダイナミックな武者絵やユニークな戯画で、幕末期の衰えつつあった浮世絵界に新機軸を打ち出した”奇想の浮世絵師”として注目を集めている。人情に厚く、生粋の江戸っ子であった国芳のもとには多くの弟子が集いたが、なかでも国芳から大きな影響を受けた絵師のひとりが、血みどろで残酷な場面を多く描き”最後の浮世絵師”と称される月岡芳年(1839~92)だ。
本展では、幕末から明治にかけての激動の時代にあって、旺盛な好奇心と柔軟な発想、豊かな表現力で新たな画題や描き方に挑戦し続けた国芳から芳年へ、さらには芳年とともに国芳門下の双璧をなした落合芳幾(1833~1904)らに受け継がれていった「芳」の系譜を紹介する。
「芳」ファミリーの魅力をたっぷりとご堪能あれ!

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る