石川県

かお・すがた・こころ-肖像と近代-

昨年、新型コロナウイルス感染症の影響で開催できなかった企画展を、規模を拡大して開催する。
日本画、洋画、版画、彫刻における肖像の名品が金沢に集まる。近代日本を代表する作家の作品や描かれた偉人、近代ならではの制作方法や視点など、肖像作品が持つ「近代」の諸相を詳しい解説とともに紹介。東京国立近代美術館の特別協力により同館の所蔵品が多数出品されるほか、日本各地の美術館に所蔵されている名品が並ぶ貴重な機会となる。
近代を象徴するかお、時代を生きた人々のすがた、そこにあらわれたこころ。全国的に活躍する作家の優品、県外に所蔵されている石川ゆかりの作品を含む約90点の作品が待っている。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る