富山県

チューリップテレビ開局30周年記念 ポーラ美術館コレクション展―印象派からエコール・ド・パリ―

2002年9月に「箱根の自然と美術の共生」のコンセプトのもと、富士箱根伊豆国立公園内の箱根・仙石原に開館したポーラ美術館のコレクションは多岐にわたり、その総数は約1万点におよびぶ。なかでも西洋絵画のコレクションは、19世紀フランス印象派からポスト印象派、そして20世紀絵画にいたるまで、西洋の近代美術の展開を体系的にたどることのできる、国内でも屈指のコレクションである。
本展では、「印象派からエコール・ド・パリ」と題し、ポーラ美術館収蔵作品からモネやルノワールの印象派、セザンヌ、ゴッホなどポスト印象派、マティス、ピカソら20世紀を代表する画家たち、そしてユトリロやシャガールなどエコール・ド・パリに至るまで、フランスで活動した作家による74点の絵画と、12件の化粧道具を精選し紹介する。画家たちを魅了してやまないフランスという地で、時代や様式を超えて受け継がれる美意識を、ぜひ会場で楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る