栃木県

町田市立博物館所蔵 岩田色ガラスの世界 -岩田藤七・久利・糸子-

昭和初期、ガラスといえば食器や板ガラスなどの実用品や、硬質な切子ガラスなどの生産が一般的であった。そこで岩田藤七(1893~1980)は、宙吹き技法による熔けたガラス特有のやわらかな造形に豊かな色彩をまとった作品を発表し、日本のガラス工芸を芸術の域にまで高めた。さらに、長男の久利(1925~1994)は、研ぎ澄まされた感性と豊富な化学的知識により色と光が織り成す華麗な作品を作り上げ、久利の妻の糸子(1922~2008)は、藤七が興した岩田工芸硝子株式会社を受け継ぎつつ、自らもガラスの装飾壁画や大皿などを制作した。
本展では、町田市立博物館のコレクションより、近代日本のガラス工芸史の礎を築いた岩田藤七・久利・糸子の作品約100点を紹介する。

開催概要

直前の記事

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話(京都展)

ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館などと並ぶ世界有数の総合博物館、ベルリン国立博物館群のエジプト博物館のコレクションの中から選りすぐりの約130点を展示する。 古代エジプト人が信じた「天地創造と終焉の物語」をテー

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る