東京都

ミュージアム コレクションⅠ 驚異の三人!! 高松次郎・若林奮・李禹煥 ―版という場所で

日本の現代美術を語るうえで常に重要な位置を占める、高松次郎(1936~1998)、若林奮(1936~2003)、李禹煥(1936~)。
3人とも立体と平面という境界を跨いで旺盛に作品を制作・発表している。そのなかでも、1970年代以降、積極的に「版」による表現に取り組んでいることは注目に値するだろう。
高松次郎は1980年代末にスクリーンプリントによる連作に取り組んだ。版の重ね合わせやインクの色を変え、そこから生まれる形を確認していく作業は、同時期の油彩作品の制作と関連したものと見ることができる。若林奮は金属による彫刻とともに版画も数多く制作してきた。版を繋ぎ合わせて画面を構成した作品や、過去の版に手を加え刷り直した作品もあり、銅板を手にして彫刻と版画を行き来していたことがわかる。李禹煥は今なお継続的に版画を手掛けて発表している。絵画よりも自分と距離を置くことができ、他者性が入るメディアである版画を中間項と考え、そこで試みたものを絵画に移そうとしている、とも語っている。
このように見ていくと、それぞれが「版」を媒介とすることで、制作についての思索を深化させていったともいえるかもしれない。3人の創造の軌跡を再考する機会ともなる「版」の世界を堪能できる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る