愛知県

田渕俊夫と日本画の世界 美をつなぐ

田渕俊夫《明ける》 2020年 メナード美術館 初公開コレクション

メナード美術館の日本画コレクションは、明治・大正・昭和・平成と各時代で活躍する画家たちの作品を通して近現代の日本画の流れをみることができる。なかでも、田渕俊夫の作品群は同館を代表するコレクションである。田渕は「装飾性と精神性を兼ね備えた作品で日本画の確たる表現を築いた」として、令和元年11月に文化功労者として顕彰された。
本覧では、現代日本画壇を代表する田渕の初期から令和の現在にいたる作品約30点と、その表現に焦点を当て、あわせて同館のコレクションを代表する日本画家たちの作品約50点をを展示する。受け継がれる日本画の伝統、そこから生まれる多彩な美の世界を楽しんでほしい。
※会期中展示替えあり

(前期 711日(日)まで  後期 714日(水)〜829日(日))

開催概要

直前の記事

しりあがりサン北斎サン -クスッと笑えるSHOW TIME!-

世の中の不条理や不合理をゆる~いタッチで描き出す、マンガ家でありアーティストのしりあがり寿。2018年に同館で開催した展覧会「ちょっと可笑しなほぼ三十六景 しりあがり寿北斎と戯れる」で発表した、北斎の「冨嶽三十六景」に戯

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る