広島県

特別展「はしもとみお どうぶつ彫刻展 美術館でアートキャンプ!」

はしもとみお(1980~)は、身の回りの動物たちをモチーフに、木彫作品を制作する彫刻家である。幼いころから獣医師になる夢を抱いていた彼女が、彫刻家を志したきっかけは、1995年に発生した阪神淡路大震災の経験だった。失われてしまった命を取り戻すことはできなくても、動物たちが生きた証をずっと残しておくことはできると、木を彫り、命を形にすることに取り組み始めた。丹念な観察によってクスノキから削り出された作品は、生きものたちの心の動きや、それぞれの命が持つ物語までをも伝えてくれる。本展では、彼女がこれまでに手がけた動物たちが大集合。キャンプ場に見立てた展示室で、海に行ったり、森で遊んだり、星空を眺めたりして、命の輝きあふれる、はしもとみおの世界を楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

松平不昧 生誕270年 茶の湯の美

禅宗とともに中国より請来された喫茶の風習は、時が流れてゆく中で、侘び・寂びなどの日本人の美意識を反映しながら「茶」の文化を形成してゆく。そして、茶の湯が発展すると同時に、数々の美術品が賞玩され、用いられた。本年は、大名茶

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る