茨城県

オールドノリタケ×若林コレクション アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン(茨城展)

日本屈指のオールドノリタケコレクションである、若林コレクションの優品を紹介する。オールドノリタケとは、名古屋を拠点とする株式会社ノリタケカンパニーリミテドのルーツ、森村組および日本陶器によって、明治中期から第二次世界大戦期にかけて製作・販売・輸出された陶磁器を指す。当時の欧米の顧客のニーズや流行をいち早く取り入れ、豊かな展開を見せたオールドノリタケは、現代の私たちの目にも新鮮に映る。
本展では、欧米に学びながらも独創的な表現を拓いたオールドノリタケの陶磁器やデザイン画など約250件を「モチーフ」、「スタイル」、「テクニック」、「ファンクション」の4つの観点から読み解いていく。多種多彩な意匠、技法、器種を網羅する若林コレクションから、オールドノリタケの多様性が楽しめる。

開催概要

直前の記事

キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート(静岡展)

ユネスコ世界遺産にも登録されている英国王立植物園「キューガーデン」は、18世紀半ばの開園以来、世界の植物学研究をリードし続け、植物標本のほか20万点以上のボタニカルアート(植物画)を収蔵していることでも知られている。本展

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る