静岡県

STORIES ストーリーズ 作品について学芸員(わたしたち)が知っていること

展示室や美術館においでになる道すがら、あるいは雑誌やインターネット上で、皆さんが一度は目にしたことがあるかもしれない作品の数々。それぞれが独自の経過をたどって、この静岡県立美術館に収蔵された。収蔵をきっかけに、学芸員として作品と直接関わる中で発見したことや、調査や研究によって明らかにできたこと一作品の背景にある人と人との出会いと交友、作品がどのような経過をたどってきたのか、作品にこめられた作者の想いなどがある。本展では、同館所蔵品に掛井五郎氏の作品26点を含む借用作品を加えた約90点を紹介し、学芸員が知っている、作品にまつわるストーリーを語る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る