東京都

谷充央 風景の表/裏

一貫して「表と裏」を主題に制作を続ける画家、谷 充央(たにみつお、1945年生まれ)。谷は、「人は“表と裏” “内と外” “陰と陽”あるいは“本音と建前”を使い分けながら、しかし常にその二面性を包含している“個”」であり、「そんな表裏を一つの面で同時に表現したい」という。最初期には画布の表裏をモチーフとして “表裏があるもの”の形象を画面上に示していた谷だが、次第に、画布の「裏」側から布地の目を通して「表」側に絵具を滲出させる、という手法を取るようになる。それは東洋絵画などにおける裏彩色とはまったく意を異にするもので、あくまで「表と裏」を同時に表現するための方法である。谷の絵画において表裏は同価であり、いうなれば、谷は「表」でもあって「裏」でもある絵画をつくりだそうとしている。
谷はしばしば、画題を“Landscape”としている。彼のいうlandscape(=風景)は、私たちの外側―当然「内」があっての「外」だが―に拡がる様相やそのイメージを意味してはいない。「表」と「裏」とがつねに入れ違い立ちあらわれる谷の絵画において、landscape=風景とは、一方向から眺望されるものではなく、「表」でもあり「裏」でもある、あるいは「表」でもなく「裏」でもない、いわば全体である。それは、この現実世界において「表」と「裏」とを包含する私たち自身の在りようとも重なるのだ。
本展は、無類なる画家・谷充央の初期作から最新作までを一堂に展観する初めての機会となる。アクリルや油彩などによる絵画、シルクスクリーンによる版画など約50点から、その仕事を紹介。会期中には、〈ぎゃらりー由芽のつづき〉、武蔵野市民文化会館展示室においても特別展示をおこなう。

開催概要

直前の記事

江戸の敗者たち

戦いや競争があると、そこに必ず生まれるのが勝者と敗者である。そして日本の歴史上の人物はもちろん、小説や歌舞伎などの物語の中で、私たちの心を惹きつけて深い印象を残すのは、勝者よりむしろ敗者なのではないだろうか。近年では歴史

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る