東京都

コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画

福富太郎(ふくとみたろう、1931~2018)は、1964年の東京オリンピック景気を背景に、全国に44店舗にものぼるキャバレーを展開して、キャバレー王の異名をとった実業家である。その一方で、父親の影響で少年期に興味をもった美術品蒐集に熱中し、コレクター人生も鮮やかに展開させた。念願だった鏑木清方の作品を手はじめに蒐集をスタートさせるが、著名な作家の作品だけでなく、美術史の流れに沿わない未評価の画家による作品であっても、自らが良質であると信じれば求め、蒐集内容の幅を広げていった。さらには、それに関連する資料や情報も集めて対象への理解を深め、美術に関する文筆も積極的に行った。その結果、近代作家を再評価する際や、時代をふりかえる展覧会において欠かせない重要な作品を数多く収蔵することになったのだ。これまで各地で開催された日本近代美術の展覧会に、福富コレクションから数多くの作品が貸し出されてきたことは、コレクションの質の高さと、福富太郎の見識の高さを物語っている。福富コレクションといえば美人画が有名だが、本展は、作品を追い求めた福富太郎の眼に焦点をあて、美人画だけではない、類稀なるコレクションの全体像を提示する初の機会となる。鏑木清方の作品十数点をはじめとする優品ぞろいの美人画はもとより、洋画黎明期から第二次世界大戦に至る時代を映す油彩画まで、魅力的な作品80余点を紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺(ひつぎ)のメッセージ(東京展)

世界で最も古い国立博物館の一つであるオランダのライデン国立古代博物館の所蔵する、エジプト・コレクション約25,000点から選び抜かれた200点以上がこの度、渋谷に集結! 同館の所蔵品の中から人や動物のミイラ、棺、石碑、パ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る