東京都

日本民藝館改修記念 名品展I ―朝鮮陶磁・木喰仏・沖縄染織などを一堂に

日本民藝館は大展示会室を中心に、葛布や大谷石といった自然素材を用いて展示品がより美しく見える空間に改修。それは創設者・柳宗悦が設計した旧大広間(現豊田市民芸館)を踏襲したものでもある。この事業を記念した1回目の改修記念名品展では、柳の代表的な著作の名称、「木喰上人の彫刻」「朝鮮とその藝術」「陶磁器の美」「初期大津絵」「琉球の富」「物と美」「茶と美」「美の法門」をテーマとして、同館が誇る古作の逸品を一挙に公開する。また本展では、日本民藝館や柳宗悦の業績を広く紹介する映像作品「日本民藝館物語」を初上映。「日本民藝館誕生」「柳宗悦 信と美を求めて」「日本民藝館のコレクション」の3章で構成する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る