静岡県

木下コレクション 職人がこだわり抜いた細密工芸の世界

そもそも工芸とは?――“日本の伝統的な素材を用いて、それを高度な熟練技術により仕立てた美術的にも美しく価値ある品”と定義づけられる。ただしそれは、どんな著名な作家が作ろうとも“美しき飾り物”というだけで工芸品とは呼べない。そこに実用性があるかという要素が加味されるからである。つまり工芸品は、美しいだけでなく日々の生活の中で用いられてこそはじめてその真価を発揮するといえる。このような実用性の中にある美しさのことを“用の美”と呼んでいる。
本展では、鑑賞するための美術品に限らず、この用の美の精神を受け継ぐ細密工芸品を紹介する。煙草入れの金具や根付、かんざしに付けられた小さな珊瑚玉や金細工など、江戸の名工から名もなき作家まで、彼らが制作した作品を一堂に集めた。これらは江戸・明治時代に実生活に用いられていた装身具である。日本人の美意識と掌ほどの小さな空間に繰り広げられる職人技を堪能できる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る