東京都

三輪龍氣生の陶 命蠢く

三輪龍氣生(みわ・りゅうきしょう/1940-/本名・龍作、十二代休雪)は、陶によるシンボリックかつ具象的な造形で、その時々の自身の心情を形にしてきた。率直ともいえるそれらの作品は、生命への喝采、官能の歓び、苦悩、死についての考察、祈りといった人間の本性といえる普遍的なテーマを示している。三輪は江戸時代から続く萩焼の名門陶家に生まれ育ちますが、茶の湯の世界で親しまれる萩焼の伝統に立脚するというよりも、やきもので自己を表現するために、既存の概念にとらわれない自由な制作を求めている。彫刻的なアプローチで成される造形は頭蓋骨や乳房、苦悶の胸像や鷲など具象的で、自身の死生観や憧憬、情念が投影されている。三輪はこの造形にやきものならではの質感や量感、自身を育む萩の風土や伝統を昇華させて制作を深めると同時に個性を表現する。そして、作品に立ち上がる圧倒的な生命感は、鑑賞者の内奥に潜む感情をも刺激し、命に訴えかける。
本展では、人間の根源に迫る三輪龍氣生の陶の造形を、初期の代表作をはじめ、2019年に休雪から龍氣生に改号後に制作された新作を含む80点によって紹介する。

開催概要

直前の記事

相田みつを没後30年 美術館開館25周年特別企画展 みつをが遺したものⅠ ~自分の言葉・自分の書~

今から30年前、1991年12月17日、みつをは67年の生涯を閉じた。大正の末に生まれ、激動の昭和、そして平成という3つの時代を生きたみつをの作品は、書、詩、短歌、エッセイ、ろうけつ染め、デザインワークと多岐に渡っている

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る