東京都

暮らしのなかの芸術

公式サイト

「鯉のぼり、いいねえ。あんな大きな魚が空を泳ぐんだよ。凄いイマジネーションじゃないか。それも、ひとりの芸術家の創作じゃない。普通の民衆がみんなで自然に持っているイメージなんだ。世界中にひろめたいな」
そう考えていた岡本太郎は、自らも鯉のぼりをつくった。グリグリっと大きな眼、原色の鱗、生き生きと躍動的なフォルム…。いかにも太郎らしい、生きもののような鯉のぼりである。
鯉のぼりとはこういうもの。だって昔からそうだったんだから。だれもがそう考え、それで良しとするなかで、太郎だけはちがった。「もっと自由でいいじゃないか。みんなが自分の自画像のような、ユニークな鯉のぼりをつくって上げればいい」。そう考えたのだ。
実際、太郎は無数のマルチプル作品をつくり、暮らしのなかに送り込んでいった。テーブル、イス、絨毯、ネクタイ、スカーフ、浴衣、振袖、トランプ、スキー、バッグ、カップ……etc. その表現領域はありとあらゆるジャンルにおよんでいる。
もっとも、「芸術なんて道ばたの石っころや空のインク瓶となんら変わりない」と考えていた太郎は、自作のプロダクトを「芸術」などとは考えていなかっただろう。
本展は、太郎が暮らしのなかに送り込んだ作品群を、アイデアを描き留めたエスキースなどとともに一望するものである。

開催概要

直前の記事

富野由悠季の世界:ロボットアニメの変革者 ガンダム、イデオン、ダンバインからGのレコンギスタまで(青森展)

それまでの「勧善懲悪」、「単純明快」を常とするロボットアニメに「確固たる世界観」と「深いドラマ」を取り入れ、その構造を大きく変革させた演出家、富野由悠季(1941~)。 本展は、大きな社会現象となった『機動戦士ガンダム』

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る