千葉県

大・タイガー立石展 POP-ARTの魔術師(千葉展)

絵画、陶彫、マンガ、絵本、イラストなどのジャンルを縦横無尽に横断しながら独創的な世界を展開した立石紘一、ことタイガー立石、こと立石大河亞(1941~1998)。
1941年、九州・筑豊の伊田町(現・福岡県田川市)に生まれた立石は、大学進学のために上京。1963年の「読売アンデパンダン」展でデビューし、翌年には中村宏(1932~)と「観光芸術研究所」を結成。時代や社会を象徴する人物やイメージなどを多彩に引用して描かれたその作品は、和製ポップ・アートのさきがけとして注目を集めた。65年からは漫画も描きはじめ、「タイガー立石」のペンネームで雑誌や新聞にナンセンス漫画の連載をもつまでになる。60年代末から多くの子どもたちが口にした「ニャロメ」ということばは赤塚不二夫(1935~2008)と交流があった彼の造語であった。
マンガの制作が多忙になった1969年3月、ミラノに移住。のべ13年にわたるミラノ時代は、マンガからヒントを得たコマ割り絵画を精力的に制作する一方、デザイナーや建築家とのコラボレーションで数多くのイラストやデザイン、宣伝広告などを手がけている。
1982年に帰国し、1985年から千葉・市原を拠点に活動。1990年以降は絵画や陶彫作品を「立石大河亞」、マンガや絵本を「タイガー立石」の名義で発表した。
立石の作品はどの時期のものであっても、さまざまなできごとや観念が地層のようにつみ重なっている。このため、「見る」だけではなく「読む」ことによって、作者がつくり出した世界だけでなく、わたしたちの思考の回路も多次元にひろがるかのようだ。
立石は1998年4月に56歳という若さでこの世を去ったが、没後20年を過ぎ、生誕80年をむかえる今年、約200点の作品・資料によってその多彩な活動をふり返る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る