愛知県

岩合光昭写真展 どうぶつ家族/ねこ科

今やねこの写真家の第一人者といっても過言ではない岩合光昭。今回の展示では、岩合が撮り続けてきた動物たちの魅力、写真の魅力を、2つの写真展を同時開催することで余すことなく鑑賞できる。
「どうぶつ家族」では、生命のつながりをテーマに、世界中で生きる多様な動物のすがたを約150点の写真作品で紹介。サバンナから北極までを渡り歩き、大自然の中の動物を活き活きと写しだした、動物写真家・岩合光昭の真骨頂の展示となる。
もうひとつの「ねこ科」は、数ある岩合写真展の中で初の屋外写真展となる。イエネコのほか、ライオンなど野生のネコ科動物の姿を、最大2メートル級の迫力ある大型写真作品で紹介。作品と同館周辺の環境がリンクして、あたかも写真の中に入り込んだような感覚で鑑賞ができる。「自然と調和するミュージアム」をコンセプトとする同館ならではの本展が楽しめる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る