島根県

ファッション イン ジャパン1945-2020-流行と社会(島根展)

1970年代以降、日本人ファッション・デザイナーたちは世界的に高い評価を得てきた。これまで、日本のファッションは、彼らを契機に突如として誕生したかのように語られてきたが、実際はそうではない。明治期に日本が近代国家となり洋装を取り入れたことを契機に、第二次世界大戦後には洋装が一般的になり独自の装いの文化を展開してきた。
本展では、特に戦後の日本におけるユニークな装いの軌跡を、衣服やアイデアを創造するデザイナー(発信者)サイドと、衣服を着用し、時に時代のムーヴメントを生み出すこともあった消費者(受容者)サイドの双方向から択え、新聞、雑誌、広告など時代ごとに主流となったメディアも参照し、概観する。これまでまとまって紹介されることのなかった、洋服を基本とした日本ファッションの黎明期から最先端の動向を、社会的背景とともに紐解く、世界初の大展覧会となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る