岡山県

大正ロマンと竹久夢二

明治17年に岡山に生まれた詩人画家・竹久夢二(1884~1934)。近代文化の一大変革期であった明治、大正を駆け抜けた彼の作品の数々は移り行く時代とともにあったといえる。文明開化で異国の文化がもたらされ、都市部を中心に人々の生活スタイルが大きく変化した時代、夢二は18歳で文化の発信地東京へと飛び出し、絵画や演劇、詩歌などの新しい流行を目の当たりにした。そして夢二は詩を絵で描いたことで自らの表現方法を確立させ成功を収めてゆく。友人で画家、文筆家の有島生馬は夢二の没後、画業を振り返って次のように著した――「センティメンタルな時代の感情や、風俗を夢二位よく後世に伝へ得る画人が他にあるであらうか。」と。
夢二が時代の変化を吸収し、自らの美的感覚で独自の表現に昇華させた美人画や夢二デザインの世界は、雑誌や木版画、楽譜の表紙など多方面で多くの人が触れる身近な芸術となった。そして令和の今日でも大正ロマンを代表するマルチアーティストとして広く愛されるとともに、現代のデザインや作品にも影響を与えている。
本展では、肉筆作品やデザイン、版画などの他、当時の流行を発信した雑誌「婦人グラフ」で夢二が担当した全表紙を一挙公開し、時代をとらえた表現に迫る。大正時代が注目される今、大正ロマンを体現していたともいえる夢二作品の数々を展覧する。
夢二生家記念館では、企画展「夢二生家の春」を開催する。

開催概要

直前の記事

デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉(福岡展)

日本中に多数の熱狂的なファンをもち、クリエイターから異分野の研究者まで、あらゆる方面から絶大な支持を誇る漫画家・諸星大二郎。その作風は、『生物都市』や『夢みる機械』(1974)などのSF的なものから、『妖怪ハンター』シリ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る