石川県

中村佑介展(金沢展)

公式サイト

2002年から活動をスタートし、2021年で19年目を迎えるイラストレーター・中村佑介。ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のCDジャケットや、小説『謎解きはディナーのあとで』『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍カバーを手がけるほか、アニメーションのキャラクターデザインやテレビ・ラジオ出演、エッセイ執筆も行うなど、その表現活動は多岐に渡る。
また、飛鳥新社より発売された作品集『Blue』『NOW』は、イラストレーターの作品集としては異例の累計13万部を記録。名実ともに日本でもっとも活躍するイラストレーターのひとりと呼ばれるまでに至る。
本展は、そんな中村佑介がこれまでに携わってきた仕事のほぼすべてが一堂に会する大規模な試みとなる。それぞれのテーマのもと、完成イラストはもちろん、着色前の線画やアイデアスケッチなども公開。さらに会期中には、サイン会や、著名人を招いてのトークショー(有料配信あり)、ここでしか手に入 らないオリジナルグッズの販売も実施する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る